【初心者向け】足底筋膜炎について

この記事を読む人は、「足底筋膜炎ってどんな症状か知りたい!」人が対象です。

本記事を最後まで読むと・・・

・足底筋膜炎の原因がわかる

・足底筋膜炎の治療法がわかる

・足底筋膜炎の予防方法がわかる

✅ 足底筋膜炎って何?

爪先に近いところからかかとまで伸びている足底筋膜が起床時に起き上がる時やランニングや重症化すると歩行時に痛みが出る症状です。

特に中高年に多く、痛みに悩んでいる方は少なくはありません。

一般的には、リリースやマッサージなどの手技治療か運動療法などのリハビリや負荷の軽減のためのインソールなどが中心になります。

歩きが多い仕事や立ち仕事の人は負荷のコントロールが難しいため、長期にかかる場合もあります。

✅ どんな症状なの?

ランニングや歩行、起床時も一歩でかかとをついたときに、鋭い痛みが出ることが多いです。

特にかかと側の内側の足底筋膜が付着している部分に痛みを感じます。

朝、起床時か夕方付近に痛みを感じることが多いのが特徴となります。

✅ 原因は何?

足底筋膜に過度な負荷がかかった場合に痛みが出る場合が多く、つまりオーバユース(使い過ぎ)が原因となります。

✅ 足底筋膜炎の原因

・ランニングや長時間の歩行や立ち仕事

・足の硬さ

・足底筋膜の硬さ

・運動不足

・肥満

などがあります。

✅ 完治までの期間はどれくらい?

過度な負担を取るために負荷コントロールで自然治癒しますが、それができない場合は長期にかかる場合もあります。

目安:3ヶ月

理由は腱膜のいうものは筋肉や靭帯と比べて、治るスピードが遅いため3ヶ月ぐらいかかります。

✅ 治療法は?

✅ 負荷のコントロール

負担のかかっている要因を出来るだけ排除することです。

過度な負荷をかけ続けながら治癒させていくということは、ブレーキをかけながら前に進む見たいなもので、痛みの原因になる負荷を一旦下げなくては中々治りません。

✅ 足底筋膜炎も硬さ、癒着を取る

足底筋膜自体が硬くなっていたり、筋肉や筋膜とくっつく(癒着)して可能性があるので、軽くマッサージしてあげたり、リリースしてあげたりしてください。

やり方は下記に動画で説明していますので、参考にしてください。

✅ ふくらはぎのストレッチ

血流循環がうまくいかないと治りづらくなりますので、足底筋膜と関係があるふくらはぎのストレッチをすると良いです。

✅ 足底筋膜炎オススメケア方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です