【初心者向け】プロテインについて

記事テーマ:プロテインの使い方を知って効果的に運動を実施しよう

今回の記事は【プロテインについて】を中心に、いろいろとご紹介していきます

✅ プロテインってなに?

プロテイン=タンパク質

英語訳をしたものです。

古代ギリシャの言葉で、「プロテイオス」いうことことば。意味は「もっとも重要なもの」意味もあります。タンパク質は、「炭水化物、資質」とともに3代栄養素の一つと呼ばれ、人体を構成する成分です。

みなさんが馴染みがあるコラーゲンもタンパク質も一種で、肌など美容に必要ですし、運動やスポーツなどで使う骨や筋肉、靭帯などもコラーゲンでできたいますので、本来はプロテインを使用するという選択肢は案外身近にあると思います。

✅ タンパク質の摂取目安

たんぱく質の必要量について、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、成人だと体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされます。
つまり、特に運動をしていない一般人であれば、体重1㎏あたり1gでこと足ります

参考例

✅ 一般女性の場合

体重  40kg

タンパク質:40g

✅ アスリートの場合

体重 40kg

タンパク質 :80g

✅ プロテインの効果

✅プロテインが不足すると・・

・体調不良

・怪我が治りにくい

・痛みが出やすい

などといろいろと不調が出ています。

さらに、スポーツ活動を行っている場合は普通より多くの「タンパク質」が必要になります。

なので、プロテインの効果は・・

・筋肉をつけたい

・競技パフォーマンスを上げたい

・早く疲労回復をしたい

・怪我を早く治したい

✅ プロテインを使うときに気をつけること

じゃあ、たくさんプロテインを飲んでタンパク質をたくさん摂取した方がいいよね。。

こんな声が聞こえてきますが、過剰摂取はいけません。

確かにタンパク質の過剰摂取で健康を損なってしまったという十分な研究結果はありません。

ただし、好ましくないさまざまな代謝変化が生じたという報告があるように、極端な過剰摂取は体に影響を及ぼす可能性があります。

✅ カロリーオーバー

タンパク質をたくさん摂取すると結果的にカロリーオーバーとなり肥満を招くということにもなりかねません。

例えば、運動をしていないのに二倍以上のプロテインを摂取するとか普段の食事で肉や卵などの高タンパクの食事をしているのにプロテインを摂取する。など

これからはただ、肥満の原因になりますので気をつけましょう

ちなみに肉や卵は比較的カロリーが高いです。

✅ 内臓疲労

摂取したタンパク質は、体内で合成と分解を繰り返します。食事から摂ったタンパク質のうち余った(過剰な)ものは分解されて窒素となります。

窒素を体外に排泄するためには、肝臓・腎臓の働きが必要です。体内の分解過程で必要なくなった窒素はアンモニアに変わります。アンモニアは私たちの体にとって有害な物質であるため、肝臓で無害な尿素に変換されたのちに腎臓で尿として排出されます。

過剰に摂取してしまうと、腎臓から尿に変換される回数が増えるので、結果、腎臓や肝臓に大きく負担がかかり、内臓疲労を引き起こしてしまうのです。

✅ まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「プロテインの使い方を知って効果的に運動を実施しよう」というテーマで記事を作成させて頂きました。

安心して運動するためには、巷で当たり前のように使われている「プロテイン」の知識は必ず必要になります。

間違った使い方をすると病気や怪我の原因にもなりますので、気をつけてください。

✅ おすすめのプロテイン

 

 

 

初めて使用する方は一番有名な「ザバス」のプロテインから始めることをお勧めします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です