膝の運動の仕方

リアンスポーツ院長 自宅にて

2週間前の話。

仕事で東京に行った時に毎回行くコンビニに

僕が大好きな店員さんがいます。

この前、レジで仕事をしているのを久しぶりに見た。

何が大好きかって言うとその方は男性だけど、

接客が抜群に気持ちいいし、とにかく仕事スピードが早い。

声のトーンや気遣い、お釣りの渡すタイミングや混んでても

動じない冷静さ。今まで接客してもらったコンビニ店員さんの中で群を抜いている。

お店は混んでたんだけど、偶然にもその店員さんにお会計をしてもらった。

店員「いらっしゃいませ」

院長「これお願いします」

店員「かしこまりました」

店員「お買い上げ、ありがとうございます」

院長「ありがとう」

何気ない普通のやりとりだけど、なんか心地いい。

テンションが上がりその日の仕事は絶好調。

いいですよね。

皆さんもお気に入りの店員さんとかいます?

会うだけでテンションが上がてくれる人。

会えば自動的に上がるから、テンションが下がったら会いに行けばいいし、

日常生活の中でそんな人がいれば、テンションは上がりっぱなしになりますね。

このような自動でやる気あがる仕組みを作ることって非常に大事です。

膝が痛い人で、運動が続かない人っていませんか?

運動が続かないのは僕も経験済みで、

続けるって非常に難しいですよね。

ただ、その時にやっちゃいがちなのは、

目標設定が難しいことに原因があることが多いですね。

例えば、マラソンに出場するために毎日10キロ走るに目標を設定したりとか、

朝早く起きたい人が、いつもは8時起きなのにいきなり「毎朝5時起きする」という目標設定すると

相当意思の硬い人ではない限り続かないですよね。

なので、そんな時は簡単にできることから目標設定にしたり、実施する運動も簡単にする

と良いでしょう。

今回は、膝の運動を紹介するね。

これらの運動は本当に簡単な運動だけど、

始めるにはとても適していますよ。

座って膝曲げ伸ばし20回

この運動って、単純な膝を曲げ伸ばしている運動なんだけど、非常に大事。

膝の循環改善や筋肉が働きやすくなり、膝痛も治りやすくなるんだ。

もちろん、痛みが出来た時は中止する必要があるけど、簡単にできる運動だから

場所問わずたくさんやってほしい運動なんだよね。

太もも前のストレッチ

太ももの前には大腿四頭筋っていう筋肉がついているのだけど、

これが膝の痛みの原因になっていることがあるから、この筋肉の柔軟性は非常に大事。

一回に10秒くらいストレッチをすると、緩んでくるからこれも膝を治すためにやってみてもいいと思う。

腰の運動

膝と腰は神経的に繋がりがあるから、腰を動かすと膝が緩むことがあるんだ。

逆に腰をやらないと膝への循環が戻らずに、治す力を半減させてしますから、要注意。

腰を捻ったり、曲げ伸ばしするだけでいいから、毎日20回具合やると効果抜群。

やはり膝の循環にいいんだよね。

とにかく、膝の循環が良くなることが治すために必要なことということは覚えていてほしい。

そして、しっかり続けるために目標設定は低く設定してやってくださいね。

P.s 次、東京行くときも会えたらいいなー

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です