来院レポート「手の痺れ」

リアンスポーツ整骨院院長ブログ

こんにちは 橘田幸博です(@yukihiro.kitta)

この記事を書いているのは、現役の治療家です。

治療家歴は12年、人口20万人の場所に小さな整骨院を営んでいます。

お店は先日で7年目の突入しました。

タッチラグビー日本代表のメディカルトレーナーもやっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事は

「来院レポート」でこんな患者さんが来てこんな治療をされていますなどの情報を紹介します。

そもそも整骨院や整体院ってどんなことをやっているかって

わからないですよね。

もちろん、治療法が統一されているわけでないので、

先生によって違いますが、

どこもたくさん勉強していると思います。

ただ、体に対することなので「試しに」というのは、

コンビニのスイーツと違うからできないので

どんな考えや視点で見ているのかを知っておきたいですよね。

それを知ることで安心ですし、治療効果も上がります。

そんな「怖い」「わからない」という悩みの方に今回の記事は非常に役に立ちます。

肩の症状 40歳 女性

主訴
右の肩全体が重い
肩甲骨周辺が辛い
たまに指に痺れが出る
首も重い
頭痛も出る
デスクワークなので、仕事していると辛くなってくる
たまに眠れないこともある

【経過】
3年前から特にひどい

【分析】
この方は、「肩の重さ、手の痺れ」の症状が出ているので、
肩こりと神経症状がみられます。
神経症状があると筋力低下や組織間癒着などあり治りにくい。
さらに眠れないこともあるということで、「自律神経機能」も異常で
交感神経も優位なので血液循環も悪い状態なのである。

【診断】
・背骨を動きチェック
・肩の動きチェック
・神経症状の有無のチェック
・肩の筋力チェック

など・・。

【治療経過】
運動を適度に入れ、
自律神経を整える治療を繰り返し行うと
約3ヶ月ぐらいで症状は緩和してきます。
この場合は、肩を回すとかストレッチだけでは治るものではないので
痺れや痛みの原因をしっかり理解し、日常生活の姿勢や習慣を工夫する必要があります。
強いマッサージだと逆効果の場合があるので
運動療法がメインになります。

姿勢を維持するための体幹トレーニングの実施も有効的となります

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と長くかかりますよね。

どんな症状もそうですがマッサージだけですと

またすぐに戻ってしまうことがあるので、運動療法などの

治療も必ず必要になります。

整骨院や整体院の先生はプロなので、痛みに対しての対処療法をいう治療だけではなく、

根本的にどう治していくのかということを考えて治療しています。

2、3回通院して「終わり」ではなく、

根気よく通うと劇的に症状が改善することがよくあります。

特に症状が出ている期間が長ければ長いほど治るのも遅いですからね。

「リアン来院レポート」でした。

リアンblog関連記事

痛みに原因を関係する?:http://www.liansports.net/archives/444/

痛みと心理の関係:

http://www.liansports.net/archives/554/

MOVE体幹!!全身を連動させた体幹トレーニングで体幹強化

来院レポート「手の痺れ」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です