タッチラグビー日本代表トレーナー

こんにちは。院長の橘田です。

本日のテーマは「マイナースポーツ」

日本ではプロ野球やJリーグが開幕し、かなり盛り上がっていますね。

そんな野球やサッカーはテレビやネットで見かける機会は多いですが、

テレビに映らない、ネットでもあまり出てこないけど盛り上がっているスポーツって意外

とたくさんあるんですよね。

あなたは、みんなが知らないけど自分の中で密かに盛り上がっているマイスポーツって

ありますか?

本日、紹介する「タッチラグビー」は非常に見てて面白いスポーツで、

みんなが知らないけど自分の中で密かに盛り上がれるスポーツなので

ぜひ、この記事を読んで好きになってくれると嬉しいです

マイナースポーツとは

現在、世界には数百種類のスポーツが存在しています。

そして今この瞬間も、

たくさんの人が世界各地でスポーツを楽しんでいます。

一方で、日本国内に目を向けてみると
なんと現時点で、200を超えるスポーツが存在しているんです。

どうやらマイナースポーツの定義があるみたいで、

簡単に言うと、

  • ボウリング
  • マラソン
  • 水泳
  • ゴルフ
  • サイクリング
  • 野球
  • 卓球
  • バドミントン
  • サッカー
  • テニス
  • バレーボール
  • バスケットボール

以外のスポーツのことを「マイナースポーツ」というみたいですね。

なので、マイナースポーツの方が圧倒的に多いということですね。

ちなみに、東京五輪は33競技で

上記のボウリング以外のメジャースポーツが含まれているということですね。

めっちゃ楽しいタッチラグビー

そこで僕がおすすめスポーツは、

「タッチラグビー」

プレーして楽しい、見てて楽しいスポーツなんです。

※右の写真はタッチラグビー日本代表

タッチラグビーとは
スクラム、タックル、ラインアウト等激しいコンタクトプレーをなくし、
タックルをタッチに置き換えたラグビーの姉妹的スポーツです
【タッチラグビーの発祥】
1960年代、オーストラリアでラグビーリーグ選手のウォームアップ用として始められたとされ、簡単な競技方法から、次第に競技人口が拡大して行った。現在、オーストラリア(現地では主に「タッチ・フッティ (Touch Footy) 」と呼ばれている)、ニュージーランドを始め、アメリカ、カナダ、欧州各国等で広く競技されている。日本では1989年、口元周策により紹介された。Mixed,Mens,Womens,Over30等に分けられ試合が行なわれる。また、サッカー等と同様に4年に1度World Cupが開催される。2003年のWorld Cupは日本(埼玉県熊谷市)で行なわれ、Mixed openで第3位に輝いた。また全国各地でタッチラグビーの公式試合がある。「JAPANカップ」、「関西大会」、「関東大会」、「学生選手権」など多数開催されている。基本的には社会人チームと学生チーム混ざって試合をしている。

STEPPER NARA HIDE

コンタクトスポーツではないので、

子供でも女の人でも、ゴリゴリの筋肉がなくてもできるスポーツなんです。

僕もやったことがありますが、

攻撃も守備も戦術が細かく決まっていて、頭も体もかなり使いますね。

2019年 マレーシアワールドカップ

面白いのにマイナースポーツに認定されているタッチラグビーもちゃんとワールドカップが

あります。

2019年は、4年に一度のFIT主催のワールドカップマレーシア大会が、​2019年は4月29日から5月4日までの6日間マレーシアのEquestrian Park Putrajayadで開催されます。
日本代表チームは、メンズオープン・ウイメンズオープン・ミクスドオープン・メンズ30・メンズ40・メンズ50の6チームが、頂点目指して試合に望みます。
皆様の応援をよろしくお願いいたします。

一般社団法人ジャパンタッチ協会

タッチラグビー日本代表トレーナー

そんな私はタッチラグビーの日本代表のトレーナーをやっております。

グラウンド内外で選手のケアやテーピング、コンディショニング調整を行い、

選手が試合で万全な状態で臨めるようにサポートします。

その仕事の醍醐味は・・・・

「選手、スタッフ陣が1つの目標(勝利)に向かって準備し、
それででた結果を全員で分かち合えること」ですね。

僕も学生時代からサッカーをやっていて、チームスポーツの良さを知っているので、

それを仕事ととして関わることができることは非常に光栄に思います。

もちろんそこにはプロとして、大きな責任があるので、

生半端な気持ちと知識と技術ではできないですが、

治療家として人として成長させてくれる仕事でもあります。

もちろん僕らトレーナーは主役でなく黒子で、選手が主役です。

そんな選手たちはかなりの努力して、メダル獲得を目指しています。

タッチラグビー2019 ワールドカップ マレーシア大会

​2019年は4月29日〜5月4日の期間で実施しています。

ぜひ、日本からの応援よろしくお願いします!!!

Follow me!

タッチラグビー日本代表トレーナー” に対して1件のコメントがあります。

  1. zhk3KPfNB0n4t より:

    553497 603955This internet internet site is normally a walk-through its the data you wished about this and didnt know who ought to. Glimpse here, and you will surely discover it. 933232

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です