タッチラグビー日本代表トレーナー

こんにちは 橘田幸博です(@yukihiro.kitta)

この記事を書いているのは、現役の治療家です。

治療家歴は12年、人口20万人の場所に小さな整骨院を営んでいます。

お店は先日で7年目の突入しました。

タッチラグビー日本代表のメディカルトレーナーもやっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日のテーマは「マイナースポーツ」

日本ではプロ野球やJリーグが開幕し、かなり盛り上がっていますね。

そんな野球やサッカーはテレビやネットで見かける機会は多いですが、

テレビに映らない、ネットでもあまり出てこないけど盛り上がっているスポーツって意外

とたくさんあるんですよね。

あなたは、みんなが知らないけど自分の中で密かに盛り上がっているマイスポーツって

ありますか?

本日、紹介する「タッチラグビー」は非常に見てて面白いスポーツで、

みんなが知らないけど自分の中で密かに盛り上がれるスポーツなので

ぜひ、この記事を読んで好きになってくれると嬉しいです

マイナースポーツとは

現在、世界には数百種類のスポーツが存在しています。

そして今この瞬間も、

たくさんの人が世界各地でスポーツを楽しんでいます。

一方で、日本国内に目を向けてみると
なんと現時点で、200を超えるスポーツが存在しているんです。

どうやらマイナースポーツの定義があるみたいで、

簡単に言うと、

  • ボウリング
  • マラソン
  • 水泳
  • ゴルフ
  • サイクリング
  • 野球
  • 卓球
  • バドミントン
  • サッカー
  • テニス
  • バレーボール
  • バスケットボール

以外のスポーツのことを「マイナースポーツ」というみたいですね。

なので、マイナースポーツの方が圧倒的に多いということですね。

ちなみに、東京五輪は33競技で

上記のボウリング以外のメジャースポーツが含まれているということですね。

めっちゃ楽しいタッチラグビー

そこで僕がおすすめスポーツは、

「タッチラグビー」

プレーして楽しい、見てて楽しいスポーツなんです。

※右の写真はタッチラグビー日本代表

タッチラグビーとは
スクラム、タックル、ラインアウト等激しいコンタクトプレーをなくし、
タックルをタッチに置き換えたラグビーの姉妹的スポーツです
【タッチラグビーの発祥】
1960年代、オーストラリアでラグビーリーグ選手のウォームアップ用として始められたとされ、簡単な競技方法から、次第に競技人口が拡大して行った。現在、オーストラリア(現地では主に「タッチ・フッティ (Touch Footy) 」と呼ばれている)、ニュージーランドを始め、アメリカ、カナダ、欧州各国等で広く競技されている。日本では1989年、口元周策により紹介された。Mixed,Mens,Womens,Over30等に分けられ試合が行なわれる。また、サッカー等と同様に4年に1度World Cupが開催される。2003年のWorld Cupは日本(埼玉県熊谷市)で行なわれ、Mixed openで第3位に輝いた。また全国各地でタッチラグビーの公式試合がある。「JAPANカップ」、「関西大会」、「関東大会」、「学生選手権」など多数開催されている。基本的には社会人チームと学生チーム混ざって試合をしている。

STEPPER NARA HIDE

コンタクトスポーツではないので、

子供でも女の人でも、ゴリゴリの筋肉がなくてもできるスポーツなんです。

僕もやったことがありますが、

攻撃も守備も戦術が細かく決まっていて、頭も体もかなり使いますね。

2019年 マレーシアワールドカップ

面白いのにマイナースポーツに認定されているタッチラグビーもちゃんとワールドカップが

あります。

2019年は、4年に一度のFIT主催のワールドカップマレーシア大会が、​2019年は4月29日から5月4日までの6日間マレーシアのEquestrian Park Putrajayadで開催されます。
日本代表チームは、メンズオープン・ウイメンズオープン・ミクスドオープン・メンズ30・メンズ40・メンズ50の6チームが、頂点目指して試合に望みます。
皆様の応援をよろしくお願いいたします。

一般社団法人ジャパンタッチ協会

タッチラグビー日本代表トレーナー

そんな私はタッチラグビーの日本代表のトレーナーをやっております。

グラウンド内外で選手のケアやテーピング、コンディショニング調整を行い、

選手が試合で万全な状態で臨めるようにサポートします。

その仕事の醍醐味は・・・・

「選手、スタッフ陣が1つの目標(勝利)に向かって準備し、
それででた結果を全員で分かち合えること」ですね。

僕も学生時代からサッカーをやっていて、チームスポーツの良さを知っているので、

それを仕事ととして関わることができることは非常に光栄に思います。

もちろんそこにはプロとして、大きな責任があるので、

生半端な気持ちと知識と技術ではできないですが、

治療家として人として成長させてくれる仕事でもあります。

もちろん僕らトレーナーは主役でなく黒子で、選手が主役です。

そんな選手たちはかなりの努力して、メダル獲得を目指しています。

タッチラグビー2019 ワールドカップ マレーシア大会

​2019年は4月29日〜5月4日の期間で実施しています。

ぜひ、日本からの応援よろしくお願いします!!!

<リアンスポーツ>リラックス温熱コース

疲れが取れない・・リラックスしたい・・と思っている方へのメニュー

このページでは当院が実施している「リラックス温熱コース」について説明します。

 

 

✅ 体が不調をきたす主な原因

・ストレス

・冷え

・肥満

・疲労困憊

・基礎代謝の低下

いかがでしょうか?

現在、腰痛がある、肩が痛い、体がだるいなどの症状などはこれらが原因になっているかもしれません。

✅ 温めることの凄さ

不調の原因を取り除いていくのに、一番の効果的な方法。

それは「体を温めること」です。

皆さんも経験したことないでしょうか?

・寒い冬の日に冷えた体で温泉に入った瞬間、温かさで生き返る思いをした。

・手を温めることで心身ともにリラックスした。

僕もその1人です。冷えが苦手な僕は体を温めることの凄さを実感しました。

✅ テクノシックス温熱

イタリア製テクノシックス

当院では、体を温める方法をこの「テクノシックス」という物理療法機器を使用していきます。

専用のプラグを使って、丁寧にマッサージしていくのでとてもリラックスできます。

施術していくと徐々に体が暖かくなってきます。

✅ 期待できる効果

・ダイエット効果

・基礎代謝の向上

・疲労回復

・冷え性やむくみ、便秘解消

 

✅ ご料金

30分コース  3,000円
60分コース  6,000円
90分コース  9,000円
お試しコース(10分)  1,000円

お問い合わせ

☎︎055-288-9622 

「温熱コース希望」とお伝えください。

 

リアン整骨院「来院レポート」

リアンスポーツ整骨院blog

こんにちは 橘田幸博です(@yukihiro.kitta)

この記事を書いているのは、現役の治療家です。

治療家歴は12年、人口20万人の場所に小さな整骨院を営んでいます。

お店は先日で7年目の突入しました。

タッチラグビー日本代表のメディカルトレーナーもやっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日のテーマは

この記事では、

整骨院ってどんな症状の患者さんが来ているのだろう

と素朴な疑問の悩みを解決したいと考えています。

初めていく病院やどんな痛みに対応できるかわかりませんよね。

そんなあなたにお役に立ってくれればいいと思います。

30代 男性 右腰痛

【主訴】
・右の腰が痛い
・スポーツをやると悪化する
・立っていると痛い
・座ってても痛い時がある
・朝が痛く、動くと少し楽になる
【経過】
・1年前から痛みがある
【その他の症状】
・夜も眠れない
・手足が冷える
・食欲がない

【分析】


今の症状から腰の筋肉の硬さが痛みの原因になっている。
硬いのは痛みを出す原因で、さらに長年痛みを抱えていると循環状態が非常に悪くなりどんどん痛みを増していく。
 

このような慢性症状の方は、安静にしても治らない特徴がある。
あとここで一番大事なことは「眠れない、食欲がない、手足が冷える」の症状です。


これは自律神経の機能は異常になっています。環境の変化へのストレスや痛みに対するストレスが原因になります。

【治療】

・自律神経の調整の治療
・循環改善治療
・リハビリ

あなたが抱えている症状は傷病名がつけれないものの方が多く、
色んな原因が絡み合って痛みになっていることが多いです。

なので、問診をしっかりして原因を見つけてその方に合わせた治療が絶対に必須なのです!

ぜひ参考にしてくださいね。

ネットで買い物するならcolleee

オランダ徒手療法とリアン  

リアンスポーツ整骨院blog

こんにちは 橘田幸博です(@yukihiro.kitta)

この記事を書いているのは、現役の治療家です。

治療家歴は12年、人口20万人の場所に小さな整骨院を営んでいます。

お店は先日で7年目の突入しました。

タッチラグビー日本代表のメディカルトレーナーもやっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日のテーマは

この聞きなれないフレーズ、「オランダ徒手療法」

名前の通りにオランダと関係があります。

その「オランダ徒手療法」は僕のやっている問診や治療の

基となっていて、「しっかり説明する」「問診で聞いた情報を基に

治療する」というコンセプトのルーツなのです。

現在は「オランダ徒手療法」を日本全国に広めるために、

講師として、組織の統括部長として、主に東京で活動しています。

僕はオランダ徒手療法を日本全治療家の皆さんに知ってもらいたいし、患者さんにもオランダ徒手療法のメソッドを勉強した先生に治療してもらいたいと思っています。

それにはちゃんと理由があります。

今の日本医療制度

僕のところに来る患者さんの中には

「全然治らなかったから来院しました

「病院では2時間待って3分診療でした」

「病院では痛みの原因を説明してくれませんでした」

など、自分の話を聞いてくれないとか説明をしてくれないという患者さんの不満を多く聞いてきました。

病院に行ったのに、自分の症状の原因やなんで治らないのかをしっかり説明されていない患者さんが多いということです。

以前、来院された患者さんにこんな方がいました。

5年前 腰痛+痺れ

その方は、

50代 女性でお尻から足にかけて痺れがあると訴え来院されました。

5年前からこの症状が出現されたみたいで、

2カ所の整形外科と1カ所の接骨院で治らなくて、

最近特に悪化してきて困っている様子でした。

問診で今の状態やそれまでの経過、日常生活のこと、痛めたきっかけなどを

入念にきき、痛みの原因を探っていくと、

この方は神経圧迫が痛みの原因とわかりました。

ここまでは以前来院されていた病院とほぼ同じような見解だったみたいで

患者さんも納得している感じです。

問題なのはここから、この方の日常生活を詳しく聞いていくと

「2日おきに朝3時間、午後3時間の計6時間の庭いじりをやっている」

とのことでした。

僕が「やっている最中は痺れは出ませんでしたか?」と聞くと

患者さんは「痺れたけど、動かさないと治らない気がして」

と言います。

結果から言うと、この痛い作業を3週間やめたら、痺れは消えたそうです。

この状況ってどう思いますか?

問診時にしっかり聞いてアドバイスしていれば

そんなに難しい症状ではなかったはずです。

実は「問診」自体を学校で深く学ぶわけでもはないので、

これに気づくことは非常に困難なのです。

これが日本の医療の現実。

問診の大切さ

SONY DSC

これらの問題を解決できるメソッドが「オランダ徒手療法」

特に「問診」は大得意な分野なのです。

オランダ徒手療法の「問診」は患者さんの症状の痛みや痺れ、姿勢等の

どんな症状にも対応できるものになっています。

痛みの解決方法

もし、あなたは何か問題を解決する時にまず最初に何をしますか?

PCが故障したら、子供が喧嘩していたら、社内でトラブルが起きた時に

まず最初に何からはじめますか?

僕だったらまずは「原因を徹底的に調べる」ことをやります。

リサーチするとも言いましょうか。まずは現状を把握することから

始めますよね。

原因がはっきりすれば、いろんな方法でその原因になるものを消去していけばいいので、

やり方なんていくらでもあるはずです。

でも、一般的な病院や整骨院ではどうでしょう?

問診が少なく、いきなりリハビリが入ったり、薬を処方されたりしませんか?

原因がまだわかっていないのにです。

それはかなりな問題だと僕は思っています。

こんな医療の仕組み、問診の少なさを解消できるのが

「オランダ徒手療法」です。

オランダ徒手療法メソッド

  • 原因を徹底的に調べる
  • 患者さん一人一人の生活環境から職種、トレーニングから「治らない原因」を見つける
  • 医療用語を使わずに患者さんにわかりすい言葉で説明する
  • いつぐらいに治るのか?などを予測する
  • 患者さんの悩みをしっかり把握する

このようなことをしっかり行い、患者さんと一緒に治していくという理念で「オランダ徒手療法」は成り立っています。

僕はこのメソッドが大好きで、

「日本の医療を根本から変えれる」と本気で思っています。

このブログはどんどんアップロードし、完璧なものを作ってきますので、

たまにチェックしてくださいね。

今回はあなたのお役にあまり立てないと思いますが、

また読んでくださいね。


日本オランダ徒手療法協会:http://jadmt.or.jp/

オランダ徒手療法スクール:http://dmtschool.jp/

リアンblog関連記事

来院レポート 手の痺れ: http://www.liansports.net/archives/584/

痛みと心理:

http://www.liansports.net/archives/554/

ネットで買い物するならcolleee